ハーブティーの入れ方

ハーブティーは入れ方により香りや味が変わります。
正しい入れ方を覚えておくと、より美味しく豊かな香りを楽しめます。
ハーブティーを入れる時は、リーフかティーバッグを使いますが何で入れるかによって入れ方が変わってきます。

リーフで入れる時はドライハーブを使います。
日本茶を入れる急須でもいいのですが、色を楽しむ意味でもできれば茶漉し付きの透明ポットを用意します。
ハーブティー用なら問題ありませんが、別の茶漉しを使う場合は出来るだけ目が細かい物を使います。

ポットはあらかじめ温めておきます。
カップ1杯に対してティースプーン1杯のハーブを入れますが、お好みでハーブとお湯の量は調節できます。
沸騰させたお湯を使いますがグラグラと煮立った状態よりは少し置いて95度くらいのお湯を使うと良いでしょう。
ポットにお湯を注いだらすぐに蓋をして3分~5分蒸らします。
長時間置くと苦みが出るので時間の見極めが重要です。
ティーカップも温めておくと一番美味しい状態で飲めます。

ティーバッグで入れる時は、ポットがなくても大丈夫です。
マグカップやティーカップを温めておき、ティーバッグを先に入れ、お湯を注いだらソーサーや小皿で蓋をします。
待っている間はティーバッグを揺らさず自然に抽出させます。
ティーバッグを揺らしてしまうと色だけが出てしまい、成分が抽出されませんから動かさず待ちます。
3分から5分蒸らしたらティーバッグを取り出して後は香りを楽しみながら飲むだけです。



*Recommend Site*
身体の不調を改善するハーブティーを販売しているサイトです ... ハーブティー